花

【女性営業】自信がなくても続けられているわけ

花

 

自分に自信ないし営業なんて絶対ムリ!!

 

これは3年前、転職先を探しはじめた時の私の心境です。

今日はそんな私すあまいも(@suama_eigyo)が

なぜマイナスイメージばかりだった営業を選び、3年間続けてこられたのか

そのわけをお話ししていきます。

 

こんな方に読んでほしい

・興味はあるけど営業職に自信がない方

・興味はあるけど営業職にマイナスイメージがある方

・営業職を続けたいけど自信がなくて迷っている方

 

少しでも全国の営業女子の皆さんのお役に立てたらと思っていますのでぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

 




 

【女性営業】自信がなくても続けられているわけ

 

私が営業職を選んだ理由、そして続けられた理由は

『自分に自信がないという性格だったから』

だと思っています。

 

あれ?自信がなくて営業職なんてできるの?

 

そんな声が聞こえてくるような理由ですが、ここからは私が営業の仕事を選ぶまでと実際の営業経験から学んだこと感じたことをまとめてみました。

 

 

やけに自信があった学生時代

学生時代の私は幼い頃からスポーツもやっていたことから活発で元気な性格に育ち、謎に目立ちたがり屋だったのかリーダーを進んでやるような性格でした。
アルバイトもいくつか経験しましたが、楽しんで働いていました。
接客系の専門学校に進学して将来はバリキャリになりたいな〜なんて当時思い描いてました。笑
よっぽど自分に自信があったんだな〜と当時の自分が恥ずかしいです。

 

完全に自信をなくした20歳

その後、新卒で入社した会社(接客販売系)でバリキャリの夢は打ち砕かれるのでした。
社会に出た途端、先輩社員と同期の大人っぽさ、スキルの高さ、対人能力の高さに愕然としたんです。
当時20歳という年齢のこともあり自分の子どもっぽさ、スキルの低さ、社会に対しての貢献度の低さに一気に落ち込んだのを覚えています。
まさに自信喪失でした。

ああ、自分は何も持っていない人間なんだ。。。

すごく大げさに見えますが当時は本気で思っていました。
そう感じてからは全く仕事にやる気が湧かず、1年持たず退職。
その後は転職活動をし、契約社員としてとある会社に入社しました。同僚は同年代が多く、和気あいあいという雰囲気で毎日仕事ができました。

 

結婚をきっかけに働き方を考え直す

 

契約社員時代に出会った今の主人と結婚が決まり、ふとこれからの人生設計を考える中で焦りを感じたんです。

このまま契約社員でいいのか?妊娠、出産した時はどうするのか?

一度きりの人生、このままじゃ嫌だ!!

わがまま女のTHE・WAGAMAMAですね。そんな感じで正社員になる道を模索しはじめました。

営業職という選択

営業に惹かれたわけ

 

一度きりの人生、無駄にしたくないと転職を意気込む私でしたが相変わらず自信のない性格には変わりはありませんでした。

特にやりたいことが見つからなかった私は当時利用していた転職サイトの営業職の募集ページを見てこう思っていました。

営業かあ。ノルマもありそうだし、絶対私には無理だよなあ。最後の転職にしたいし。。。

こんなマイナスイメージが多かった私ですがなぜか営業に惹かれていました。

その理由はズバリ、

営業という仕事で自分を変えたい・試したい

インセンティブがある給与体制

という2つの点でした。

 

未経験という恐怖心はあるけど営業の世界をこの目で見てみたいという好奇心、今までの自分を変えたい、試したいというチャレンジ精神が沸いていたんです。

根が負けず嫌いってのもあったのかも…。

また、前職ではどんなに周りより質よく早い仕事をしても一律の給料だったのでその部分に少し違和感を感じていたことも惹かれるポイントでした。

とはいえ、それ以外は初めましてのお客様のところへ営業に出向く勇気もなければ、もう転職には失敗したくない!という気持ちで毎日振り子のように気持ちが揺らいでいました。

 

人生勉強のつもりで営業職を選ぶ

 

その後悩む日々が続きましたが、やらない後悔よりやる後悔だ!!となんとも聞いたことがあるような言葉で自分を奮い立たせて営業職を選ぶことに決めました。

そこからはいくつかの候補の中から女性の働きやすさを重視している現在の会社を選択し無事、営業職へ転職することができました。

 

『自信がある=営業が上手』ではないことを知る

 

営業の世界に飛び込んで最初の1年はとにかくがむしゃらに働きました。

法人営業の他に、個人営業もしていたのでアポイントが入ればプライベートの時間も削って家を空けることも…

 

この部分については理解のある主人で本当に感謝感謝です。

 

入社して1年経ち、仕事にも慣れ始めてきた頃周りを見る余裕が出てきたのか成果を出している人の共通点について考えてみました。

社内の営業成績の良い方々を観察してみると…以下の5つが共通していました!

 

共通点

・常に新しいことを勉強している

・アドバイスされたことをすぐに素直に試している

・圧倒的な継続力

・締め切りに拘りがある

・先輩後輩関係なく誰にでも謙虚な姿勢

 

そして何よりみなさんにこう質問してみました!

 

いつから自信を持って営業ができるようになりましたか?

 

自信はないかな〜。いつも不安だよ〜!
すごく自信があるわけじゃないけど一生懸命やるようにしているよ!
今までやってきた経験という意味では自信があるよ。時々自分に自信がなくなるけど、お客様がいるから頑張れる!

 

などの答えが返ってきました!

これは私なりの解釈ですが自信がないからこそ、その中で基本に忠実に行動していく人が成功するんだと感じています。

(例外で『この人天才だわw』と思う方も中にはいました。)

自信のなさはプラス要素になるんだ!

この考えが逆に私の営業活動の自信へと繋がっていきました。

また、私もそうなんですが自信がない=心配性という方もいらっしゃると思います。

心配性の方は自分の行いが間違っていないか不安で何度も確認してしまいがちですよね。

ただ、慎重に行動する分細かなミスも減るため場当たりで行動するタイプの方より結果的に時間を有効に使えると思いますのであえて心配性を直す必要はないのかなと私は思っています。

場慣れしていくとその心配も少なくなってくると思います。

 

自信のない人でも営業女子になれる!

いかがでしたでしょうか。

長所と短所は表裏一体とよく言います。

私が営業女子として生活できているのも自信のなさを無理に克服しようとはせず、プラスに捉え考えを変えられたからだと思います。

営業女子に興味がある、営業女子だけどこの先不安、転職の勇気がない、という方々のヒントとなれたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。